CNN ENGLISH EXPRESS

CNN ENGLISH EXPRESS(EE)とは

CNNの英語ニュースだからこそいえる
4つのメリット

  • リスニング力が伸びる!

    ニュースはネイティブが話す「生の英語」なので、
    速いスピードも苦にならない、実践的な英語力が身につく。

  • ボキャブラリーが増える!

    政治・経済・社会・エンタメなど、
    さまざまな分野のニュースを網羅。読むだけで語彙力がアップ。

  • 発信力がつく!

    毎月20本あまりのニュースを掲載。
    ネイティブとのビジネス会話・雑談のネタにも困らない。

  • 資格試験も楽勝!

    英語ニュースのスピードに慣れれば、
    TOEICや英検などの資格試験のリスニングもラクラク。

CNNとは/CNN(Cable News Network)は、最新のニュースを24時間配信し続ける国際放送ネットワーク。全世界20億人に提供されています。

3段階ステップアップ方式で、
誰でも無理なく取り組める!

「ウォーミングアップ編」「実践編」「強化編」の3段階ステップアップ方式によって、
初級者から中・上級者まで、リスニング力の飛躍的アップを実現します。

  1. STEP 1 ウォーミングアップ編

    • 20~30秒の短めのCNNニュースを素材に、リスニングの基礎固め。
    • ナチュラルスピードの音声に加え、ゆっくりスピード(ポーズ入り・ポーズなし)音声を収録。
    立ち読みする(PDFを開きます)
  2. STEP 2 実践編

    • 3分前後の長めのニュースにチャレンジ。
    • 政治・社会・文化をはじめ、世界各地の多様なニュースをセレクトしているので、飽きることなく学習を続けられます。
    立ち読みする(PDFを開きます)
  3. STEP 3 強化編

    • インタビューやスピーチ、討論番組を素材に、上級のリスニング力を習得。
    • ネイティブの日常会話に極めて近いインタビューをはじめ、スピーチや討論はまさに「生きた」素材なので、上級のリスニング力をつけるのに最適です。
    立ち読みする(PDFを開きます)

EEが推奨する
「精聴」「繰り返し学習」

EEは、本気で英語力を伸ばしたい皆さんのために、「精聴」と「繰り返し学習」を推奨します。
厳選された素材を「精聴」し、何度も聴く「繰り返し学習」によって、初めて本当の英語力がつき、聞き取りが可能になります。
精聴せずに漫然と聴くだけでは消化不良のままで終わってしまい、絶対に実力はつきません。
「精聴」、しかる後に「多聴」が学習の王道です。毎月のEEの学習の中に、必ず「精聴」を取り入れましょう。
その後、EEのラインアップから興味のある素材を多聴する───それが最良のEE学習法です。

精聴とは?

英語の音声を一語一語、音と文字を一致させながら正確に聞き取ろうとすることです。一つの音声素材を十分に聞き取れるようになるまで、繰り返し聴きます。精聴によって英語の音と文字の仕組みを理解することでリスニング力の基礎が養われ、結果的にその後の進歩のスピードが飛躍的に高まります。

学習を続けるコツ

本誌の記事をタイトルなどでチェックした後、一通りCDを聴いてみます。次に、興味のある素材をいくつか選び、精聴トレーニング。どのレベルの人も、まずはウォーミングアップ編の短めのニュースを精聴しましょう。忙しい方もすき間時間などを利用して、気に入ったニュースを繰り返し聴きましょう。欲張りすぎないことが、学習を長続きさせるコツです。

音声コンテンツやニュース映像、学習スケジュール 購読者向け「学習サポート」

精聴の仕方

ネイティブスピードの英語を聞き取るための、基本となる「精聴」の仕方を紹介します。リスニングだけでなく、発信力の強化につながります。

  1. Practice 1

    英文を見ずに、音声を聴く。

  2. Practice 2

    英文を見ながら音声を聴き、聞き取れなかった箇所の音と文字を確認する。

  3. Practice 3

    英文・語注・日本語訳を参考に、内容を理解する。その後、音声を繰り返し聴いて耳を慣らす。さらに、英語の音声をまねながら、音読する。

  4. Optional

    精聴にディクテーションを組み入れると非常に効果的です。特に、ニュースが短いウォーミングアップ編はディクテーションに最適です。

「精聴」を体験する(EE体験へ)

英語指導の第一人者
千田潤一 先生の
いち押し学習法

リスニング力向上の第一歩は、「繰り返し聴き、まねる」こと。ただ「聞き流す」だけでは、効果がありません! 聴いて、まねて、意味をつかみ、その英文を音読することが基本です。意味がわかった英文を音読すると、はっきり聞こえるようになります。「音読すると耳が開く」のです。そして、しっかり聞こえた英語から順に話せるようになり、スピーキング力も飛躍的に伸ばすことができます。

英語を「聴く力」が効果的にアップする! 最強のリスニング学習法

ナチュラルスピードの音声を聴けるようになるには、ただ漫然と聴くだけでなく、
リスニング力が確実にアップする学習法を取り入れる必要があります。

  • 「音にフォーカス」するシャドーイング

    シャドーイングは、流れてくる音声をほぼ同時に、あるいは少しだけ遅れて、できるだけ正確に、あたかも影(shadow)のように、声に出して繰り返していく練習法です。一方、リピーティングは、意味のかたまりごと、あるいは10語程度の短い文なら1文ごとに音声を一時停止して、聴いた音声を繰り返していく練習法です。シャドーイングがリピーティングと異なるのは、発音されたものを最後まで聞き終わってから繰り返すのではなく、聞き取りながら即繰り返していく点です。

  • 「意味にフォーカス」するシャドーイング

    「意味にフォーカス」するシャドーイング練習とは、音声の内容を頭の中でしっかりと理解しながら、シャドーイングしていくことです。「音にフォーカス」するシャドーイングを通じて、音を正確に聞き取り、口頭で再現することが容易になったら、今度は焦点を「音」から「意味」に移し、語句の意味を追うことと、全体の内容を正確に把握することを目指します。具体的には、テキストなどは見ずに耳だけを頼りに、語句の意味に意識を向けながらシャドーイングしてみます。途中で不明の語句やフレーズなどがあった場合は、そのまま放置せずに「意味」を確認することがポイントです。

  • スラッシュリーディングとスラッシュリスニング

    スラッシュリーディング
    同時通訳者はスピーカーが話し始めると、ほとんど同時に訳し始め、スピーカーが話し終えると、ほとんど同時に訳し終えます。このようなことが可能なのは、通訳者は耳から入ってくる情報を、ほぼ入ってきた順番に従って理解するように努めているからです。これを「文頭からの順送り理解」と呼んでいます。この手法を英文のリーディングに取り入れているのがスラッシュリーディングです。

    スラッシュリスニング
    スラッシュリーディングの手法をそのままリスニングに応用したのが、スラッシュリスニングです。英語音声の意味を文頭から理解していく「順送り理解」ができるようになると、最後まで音声を聴いてから意味を理解する聴き方に比べて、リスニング時の記憶への負荷がずっと減ります。その結果、リスニングに集中して内容を聞き取ることが容易になり、結果的にリスニング力の向上につながると考えられています。

  • ディクテーション

    ディクテーションとは、聴いた英文を一言一句残さず、そのまますべて書き取っていくというシンプルな学習法です。リスニング力や聞き取った内容を記憶・保持する力の強化など、英語の基礎学力をしっかりと固める上で効果があります。

  • リテンションとリプロダクション

    リテンションとは、基本的には自分が聴いた、あるいは読み取ったメッセージの内容を把握し、それを頭の中で保持する(retain)能力のことです。リスニングの際、聞き取る英文が長くなると、正確に覚え続けるのが難しくなってきます。しかし、聴いた内容を保持するリテンション力を鍛えることができれば、記憶できる量は確実に増えていきます。リテンション力の向上に効果があるとして利用されている「リプロダクション」という練習方法です。
    リプロダクションとは、聞き取った英語をできるだけ正確に口頭で再現していく(reproduce)ことです。メモは一切取らずに、記憶だけを頼りに行います。シャドーイングとは異なり、英語を口にするまでの時間が「瞬時」ではなく、かなりまとまった量の英語を聴いた後になります。リプロダクションは、通訳者養成の基礎訓練としても利用されています。通訳者はスピーカーの話を聞き取り、内容を理解し、それを一時的に記憶しておかなければならないため、この練習は大いに役立ちます。

あなたはどのタイプ? ABCタイプ別EE 活用法

  • A ネイティブの英語に慣れていない方 リスニングに自信のない方

    • オススメ STEP

      「ウォーミングアップ編」を徹底活用。

    • オススメ学習法

      「基礎トレーニング」「ニュース・ダイジェスト」の中から、負担にならない本数を精聴します。ディクテーションを組み入れると効果的です。語彙力強化にも最適なので、他のウォーミングアップ編にも取り組みます。「実践編」も興味がある素材を選んで学習し、「強化編」は、訳文に目を通すだけでもOK。

  • B 実践編 TOEIC・英検でランクアップしたい方

    • オススメ STEP

      「ウォーミングアップ編」「実践編」。

    • オススメ学習法

      基礎を固めるために、「ウォーミングアップ編」を何本か精聴します。さらに、「実践編」のニュース1を精聴し、「区切り訳+ゆっくりスピード」を活用してシャドーイングもやってみましょう。「実践編」の他の素材を学習する際も、音読などを加えると効果的です。余力があれば、「強化編」にもチャレンジ!

  • C 強化編 とことん英語を極めたい方

    • オススメ STEP

      「ウォーミングアップ編」~「強化編」まで全て。

    • オススメ学習法

      ガッツリ勉強したい方も、まずは「ウォーミングアップ編」数本と、「実践編」のニュース1を精聴しましょう。その後、他の「実践編」のニュースはもとより、高速英語の最難関である「アンダーソン・クーパー360°」にも、挑戦しましょう。

CNN EE アプリ・電子版 いつでも、どこでも、EEが読める!

CNN ENGLISH EXPRESSは、雑誌のみならずデジタルでも学ぶことができます。
iPhone、iPadで読めるアプリ版は紙媒体をそのまま電子化したのではなく、テキストのポップアップ機能、音声の速度変換、
ニュース動画の視聴などデジタルならではの機能が備わっていますので、これまでにない充実した英語学習を体験できます。

iPhone・iPadで読めるEEアプリ。

1年間の定期購読で13カ月分読めるキャンペーン実施中!
App Store価格
1カ月 1,080円
6カ月 6,800円
12カ月+1カ月* (*初回申込時のみ) 12,800円

EEアプリの特長

  • テキストポップアップ機能

    小さいiPhone画面でも文字が大きく見える!

  • 音声機能

    リスニングもバッチリ!

  • ビデオ機能

    実際のニュース映像もチェックできる!

Android端末でも読めるEE電子版。

各電子書店にて好評発売中! 価格 972円
  • amazon Kindle
  • 楽天 kobo
  • honto
  • BookLive
  • Kinoppy
  • GALAPAGOS STORE
※音声ファイル(MP3形式)を無料でダウンロードできます。音声速度調整機能や動画へのリンクなどのサービスはありません。